子ども 矯正歯科
≫子どもの矯正歯科ガイド

*「子どもの矯正歯科ガイド」というお子様の矯正治療に特化したサイトを立ち上げました。

小児の矯正に特化し分かりやすくまとめてみましたのでよろしければこちらのサイトもご覧いただければと思います。

―――

子どもの矯正治療では、適切な時期に治療を開始することによってお顔つきの成長のバランスを整えて歯を抜かない矯正を目指します。
成人になっても矯正はできますが、大人になってから治療を始めるよりもメリットが大きいです。

小児矯正

こどもの矯正歯科は、いつ治療開始をすれば効果的なのか?今、矯正歯科治療は本当に必要なのか?などの診断がとても重要です。
こどもの矯正の治療開始時期については、歯並びの状態によって様々で、個人個人の歯並びの状態で決まります。

当院では、最も効果的な時期をアドバイスさせていただいております。
お子さまの歯並びで何かお気づきの点がございましたら、まずはご相談ください。

こどもの矯正歯科のメリット

1.永久歯を抜かない矯正の可能性が格段にあがります

永久歯がはえるスペースが足りない場合、奥歯を後ろに移動させたり、あごの横や前への成長を促すことによりスペースが出来ます。早期治療により将来的に永久歯を抜歯せずに本格矯正(ワイヤーによる矯正)ができる可能性が高くなります。

2.あごの成長のバランスを整えることが出来ます

正常な発育を妨げるような歯並びや癖を改善し、あごやお顔の成長のバランスを整えます。また、放っておいて、あごの関節が痛くなったり(顎関節症)外科的な手術をしなければ治らないケースを避けることが出来ます。お顔つきやあごの成長のコントロールは、成長期のこどもでしか出来ない矯正治療です。

3.お口の本来の機能を取り戻します

指しゃぶりや舌癖は、歯並びだけではなく発音や食べ物の食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼします。また、普段お口を開けている癖を引き起こします。早期に癖を改善するとともにお口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングをして正しい筋肉の動きの習得を目指します。

4.早めの対処で永久歯での矯正期間が短くなります

あごの成長のコントロールをしたり、永久歯を正しい位置に生えるように導くことにより永久歯列になってから行う本格矯正が簡単で期間が短くなったり、必要なくなる場合があります。

症例説明

こどもの叢生(そうせい)

いわゆるガタガタの歯並び。見た目の問題だけでなく清掃しづらく虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、顎の動きを制限し、将来的に顎の痛み(顎関節症)を引き起こす場合があります。

叢生術前・術後叢生

叢生術前・術後叢生

こどもの上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯が出ている咬み合わせ。口元が出てしまい、口が閉じづらいため歯が乾きやすく虫歯や歯周病のリスクが高くなります。また、咬み合う際、奥歯への負担が大きくなります。
お子様の場合は、正常な下顎の成長を阻害する可能性があります。

こどもの上顎前突術前・術後こどもの上顎前突

こどもの上顎前突術前・術後こどもの上顎前突

こどもの下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる受け口。
見た目の問題だけでなく顎の動きを制限し、将来的に顎の痛み(顎関節症)を引き起こす場合があります。また、お子様の場合は、正常な上顎の成長を阻害する可能性があります。

下顎前突

こどもの開咬(かいこう)

奥歯は咬んでいるが前歯は咬んでいない状態。奥歯でしか咬み合わず、奥歯への負担が非常に大きくなります。また、幼少期の舌の癖や指しゃぶりが主な原因で、そのまま大人になると治療が難しくなる可能性があります。

小児矯正・開咬術前・術後小児矯正・開咬

小児矯正・開咬術前・術後小児矯正・開咬

こどもから大人まで歯並び専門 あおき矯正歯科

あおき矯正歯科スタッフ達

045-546-4183平日 11-13時 / 15-20時 土曜 10-13時 / 15時-19:30
日曜 10時-12:30 / 14時-17:30 休診:月、金、第1・3日曜、祝日

  • 分割手数料無料
  • 矯正無料相談ご予約
  • 24時間ネット予約

〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西3-1-18 ローレンシアハイツ2F
東急東横線「綱島」駅西口徒歩 3