• 感謝

    おはようございます、あおき矯正歯科の青木です。

    先日の内覧会では、雨の中多くの方々に足を運んで頂き本当に感謝しております。

    ありがとうございました。

     

    「あおき矯正歯科」は、11日より開院いたします。

    この病院は、多くの方々の力によって開院する事になります。

    「忙しいなか、嫌な顔ひとつせず、自分の事の様に親身になって

    相談に乗ってくださった」先輩の方々、「様々なアドバイスをくれる」仲間達、

    「仕事帰り、疲れていても開院準備を手伝ってくれた」後輩達、

    「最高の仕事をしてくださった」素晴らしいセンスを持ったプロの方々、

    「いつも暖かい目で見守ってくださった」大家さん、

    「今までの病院に全く不満のない中、わざわざ自分の病院を選んで来てくれた」

    才能あるスタッフ、

    「暖かく迎えいれてくださった」近隣の商店の方々、

    そして「いつも陰ながら応援してくれる」家族。

    そんな皆さんの支えがあって「あおき矯正歯科」は開院します。

    「あおき矯正歯科」は、決して自分一人で造った病院ではありません。

    自分と周りの方々によって造りあげられた病院です。

    これからは、応援してくださった方々の思いを背に全力で頑張っていきたい思います。

    宜しくお願いいたします。

     

                                                          あおき矯正歯科     青木 賢太郎

  • 医院コンセプト(2)

    こんばんは、あおき矯正歯科の青木です。

    今日は、当院の診療コンセプトをご紹介させて頂きます。

    当院には「魅力的な歯並びと共に、最適な咬み合せを提供する」

    という基本コンセプトがあります。

    一つ目に「美」の面ですが、当院では、あらゆる資料から、その人それぞれの

    「魅力的な歯並び」を追求します。

    患者さんの写真を見ながらご説明します。

    上の患者さんは、下の歯がガタガタし、やや下唇が出ております。また、笑顔に関しても

    詳細な検査から、上の前歯の位置が適切でないと判断し治療計画をたてました。

    治療後の患者さんの写真ですが、綿密な治療計画の下、「横顔」「笑顔」と

    「魅力的な歯並び」が獲得されたと思います。

    2人の患者さんにおいても、同様に綿密な治療計画の下「横顔」「笑顔」と

    「魅力的な歯並び」が獲得されたと思います。

    次に当院で最重要ポイントと考えている「咬み合せ」について、ご紹介します。

    「歯並び」は、ただ綺麗に並べるだけでは、意味をなしません。

    「最も咬みやすく、最良な咬み合せ」を造る事が、当院では一番重要だと考えております。

    治療前                                 治療後

    治療前                                 治療後

    左右の写真から、治療後において歯と歯がしっかりと咬み合っている

    事が分かると思います。咬み合わせを良くする事により、咀嚼能力、咬合力、

    顎の運動能、しいては、歯の寿命も格段に上がります。

    また、最近では、スポーツ選手が咬み合わせを治し、

    アスリートとして、より上のステップを目指す為に矯正治療を行う事が増えてきています。

    松坂大輔投手(裏側矯正)、200本安打の青木宣親選手、マラソンの土佐礼子選手等も

    矯正治療を行っていました。

    「見た目」の部分だけでなく、学術的な見地から「最良の咬み合せ」を提供する事に

    誠実に取り組んでいきたいと考えております。

    当院での治療は、美容整形とは違うため、別人になる様な劇的な顔の変化は

    ありませんが、患者さんにより魅力的な笑顔と、これから何十年と使う歯並び、

    咬み合せを、提供していければ考えております。

    今回、HPに写真の掲載を快諾してくださった患者さん達には、心から

    感謝しております。上の三名の方は、いずれも歯を抜かずに矯正治療を行っています。

    また、一人目の患者さんは、第66回東京矯正歯科学会

    講演させていただいた症例です。

    あおき矯正歯科   青木 賢太郎

  • ワラサ

    こんばんは、あおき矯正歯科の青木です。

    先日、患者さんより釣りたての「ワラサ」を頂きました。

    「ワラサ」とは、出世魚で「ブリ」と「ハマチ」の間のものらしいです。

    新鮮な「ワラサ」を頂いたのですが、奥さんもこんな大きな魚はさばいた事が

    ないということで、生まれて初めて魚をさばいてみました。

    双子達に応援されながら、悪戦苦闘して、こんな感じになりました。

    とても人様に見せられる出来ではありませんが・・・・・

    この後、お刺身にしたのですが、美的に耐えられるものではない為、

    写真は掲載出来ません・・・(汗)

    美的にかなり問題がありましたが、味は、最高でした。

    残りの身は、「あら汁」等にし最高の食卓となりました。

     

  • 医院コンセプト(1)

    こんばんは、あおき矯正歯科の青木です。

    今日は、当院の医院コンセプトをご紹介させて頂きます。

    「現在の状況、今後の展望など、しっかりとした説明を常に心がける」

    という基本コンセプトが当院にはあります。

    とても当たり前の事なのですが、この事は矯正治療にとってとても大事な事

    であると自分は考えております。

    矯正治療は、どうしても数週間で終わる治療とは違う為に、

    「今、何故この装置を使っているのか?」

    「今の進行状況は、どの程度なのか?」

    「今後の展望はどうなのか?」

    という疑問がでてくると思います。その疑問に一つ一つしっかりと

    お答えしていきたいと考えております。

    当院では、毎回の治療時はもちろん、一年に一度詳細な資料を基に

    「現在の状況、今後の展望など」をご説明させて頂くシステムをとっております。

    様々なご質問にお答え出来ればと考えております。

    当院の衛生士さんは、大学病院勤務医時代の自分の患者さんです。

    この基本コンセプトで開業したいと治療中も二人で話したりもしていました。

    スタッフ全員で、この医院コンセプトのもと、頑張っていきたいと思います。

    「良い咬み合わせにする」「美しい歯並びにする」ことは、矯正専門医として

    最低限当たり前の事であると考えております。説明に関しても当たり前の事では

    ありますが、私たちは、専門医院として、患者さんに正しい情報を提供したうえ

    一人一人としっかりとお話をし、一緒に治療をやっていくことが

    出来ればと考えております。

     

                        あおき矯正歯科   院長 青木賢太郎

  • 盲腸摘出!!

    こんばんは、あおき矯正歯科の青木です。

    上の写真は、病室と点滴の写真です。

    というのも、今日、盲腸の手術から退院しました。

    去年、一昨年と急性虫垂炎(盲腸)で救急車で運ばれ、

    仕事の都合、早く退院出来るということもあり、

    2回共に抗生物質で散らしていました。

    ですが、今回の開業が良い機会だと思い、

    以前から日程をたて、手術することにしました。

    先輩に紹介して頂いた先生は、とても名医で、2日目からは、

    ほとんど痛みも無く、元気な入院生活を過ごさせて頂きました。(笑)

    ついでに健康チェックも行ってもらい、健康体である事を確認し安心しました。

    正直、これまで慌ただしくやって来たので、良い骨休みになったと思います。

    何十年振りに、窓から見える雲を時間も気にせず見ていました・・・

     

     

    今回、驚いたのですが、病室のテレビでインターネットやメールが出来るんですね。

    もちろん、キーボードが無いので、画面上に現れるキーボードをタッチして

    操作します。実は、この操作がかなり面倒でした。(退院する頃には、かなり慣れ始めましたが・・・)

    テレビよりも情報量は多いですし、メールも出来ます。

    実に、便利な世の中になったものです。

     

    開業までラストスパート、頑張りたいと思います。

    傷口が開かない程度に・・・・(笑)

     

  • 子どもの早期矯正治療

     こんばんは、あおき矯正歯科の青木です。

    今日は子どもの早期矯正治療についてお話させて頂きます。

     矯正歯科治療において「早期治療」は、重要なポイントです。

    成長期を利用した子どもからの治療により、歯を抜く確立は、大人からの治療に比べ格段に下がります。

    また、顎の前後的な不調和も成長期からの治療によって、より良い状態に促す事が出来ます。

     しかし、「早期治療」と言っても、その人それぞれの適切な開始時期があります。

     矯正相談の際に、「歯医者さんに『今すぐ治療しないと大変な事になるよ。』と言われたのですが」

    という言葉をよく耳にします。

     確かに早期治療は有効ではありますが、無闇に早く治療しても効果もさほど変わらず、

    患者さんのストレスだけが長くなる場合があります。

     一人一人の顔が全て違うように、歯並び、咬み合せの状態も一人として同じ方はいません。

     「矯正治療」は、患者さんの現在の状態、今後の成長予測、歯列の周りにある頬の筋肉、

    舌の状態など、様々な事を考慮し、個々に合った適切な治療開始時期、治療方針を決めます。 

     一番適切な時期に始めてあげ、より時間を短く、効果的に治療を行ってあげる事が重要です。

     決してあってはならない事ですが、「早期治療」が「歯医者の商売的な要素」から勧められる場合もあります。

     歯並び、咬み合せで疑問に思う事がありましたら、是非一度「矯正専門医」にご相談ください。

  • 内装写真2

    おはようございます。あおき矯正歯科の青木です。

    先日、看板設置を行い、少し小物を揃えたので、写真を撮ってみました。

    まだまだ、機材、患者さんの説明資料等

    揃えないといけない物もあります。

    開院まで、ラストスパートです。

  • 前橋

    おはようございます。あおき矯正歯科の青木です。

    先日、群馬の前橋へ行ってきました。

    と言っても、旅行ではなく仕事です。

    朝早くの新幹線の為、他の乗客は、ほとんどいません。

    5年程前より、大学病院時代の恩師のもとで

    矯正専門医として月に1回程、前橋に行っています。

    始めた当初は、数人の患者さんでしたが、

    周りに多くの歯医者さんがある中、

    院長先生の人柄、口コミで、今では1日40人程の

    患者さんに来ていただいています。

    今でこそ、一日診療所を借りきって、医局の後輩、衛生士さん達に手伝ってもらい

    休憩時間がほんの少しだけ出来ましたが、患者さんが増え始めた頃は、

    院長先生が洗い物と受付をし、自分と2人で昼休みもとらず

    やっていました。(笑)

    患者さんが多くなったとはいえ、診療、説明と絶対に手を抜くことは出来ないので

    かなり遅くまでの診療となってしまいます。

    後輩、衛生士さんの方々には、本当に感謝です。

    しかし、忙しくやる充実感の反面、正直これ以上患者さんが増えると

    患者さんと向き合う時間が必然的に減ってしまうという葛藤が

    あります。患者さんともっと多くの向き合う時間を作りたいという気持ちも

    開業を決意した理由でもありました。

    帰りは、新幹線の中でかなり遅めの夕飯と晩酌です。

  • IKEA

    おはようございます。あおき矯正歯科の青木です。

    先日、デザイナーの竹内さんと家具、雑貨等を見にIKEA

    に行ってきました。

    価格も安く豊富な品揃えで、病院からも

    近いので、本当に助かります。

    帰りに、病院の向かいにあるpoint weatherさんでご飯を食べてきました。

    写真は、竹内さんです。年齢は、自分よりもかなり下ですが、

    才能があり、人間的にも本当に素晴らしいです。

    デザイナーさんといっても、歯科専門の建築会社の方なので、

    見た目の部分だけでなく、患者さん、自分達の使いやすさ

    も十分に配慮してもらいました。

    本当に感謝しております。

        

          子供から大人まで、歯列矯正専門医院あおき矯正歯科

こどもから大人まで歯並び専門 あおき矯正歯科

あおき矯正歯科スタッフ達

045-546-4183平日11-13時 / 15-20時 土曜10-13時 / 15時-19:30
日曜 10時-12:30 / 14時-17:30
休診:月、金、第1・3日曜、祝日、第1・3木曜の午前中

  • 分割手数料無料
  • 矯正相談ご予約
  • 24時間ネット予約

〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西3-1-18 ローレンシアハイツ2F
東急東横線「綱島」駅西口徒歩 3